2010.01.30 Saturday

麗夏の焼酎ライフその4

 焼酎ネタばっかりですいません。

今回購入した焼酎達です。



左より宮崎、松露酒造さんの『心水(もとみ)』と
鹿児島の尾込商店さんのレギュラー酒『さつま寿』

松露酒造さん『心水(もとみ)』は、
私がよく行く酒屋さんにはいつもある焼酎です。
ですので、今日も父へのプレゼント。

原料:さつま芋(黄金千貫)、米麹
麹:白麹仕込み
アルコール度数:25度
それに少しばかり濁っているようです。

実はこの父へのプレゼントは毒見と言うか味見。
私がアルコールが飲めないので、変わりに父に飲んでもらおうと言う訳です。
ただコレクションしてるだけじゃ、
いつも親切にいろいろ教えてくれる酒屋さんにも悪い気がするし、
人にプレゼントするにも、とりあえず味の保証が欲しいと言うような感じでしょうか。

それで酒屋に行った時、取り立てて買いたいものが無かった時等、
酒屋さんのお勧めだったり、
ネットで美味しいと評判だったりした物を購入して、
本当かどうか?
と言うのは失礼意かもしれませんが、
一応確かめるつもりで、父に飲んでもらってます。

この松露酒造さんの焼酎は前回父に味見してもらっているのです。
前のは『松露 黒麹仕込み』で父の評価も「飲み易い}
となかなかの評価だったことから、ネットからの情報で
『松露 黒麹仕込み』が美味しいならこの『心水』を飲んでみてください。
美味しいです。
みたいなコメントが記憶にあったので購入してみました。

もう1つの尾込商店さんの『さつま寿』は
尾込商店さんのレギュラー酒にもかかわらず、
なかなかに人気の焼酎のようで、
酒屋さんで購入できるのもタイミングしだいです。
それでも、比較的店に並ぶ率が高いのでしょうか?
それとも運が良い?
私にとっては、遭遇率高いです。
購入回数5回、現在家に4本あります。
1本は名前の 寿 が縁起が良いので知り合いにお正月、プレゼントしまいました。
味の方も評判通り好評で、「焼酎のブログ、作れば?」
なんて言われてしまいました。
この方、私がブログ持っている事しらないんですよね。
当分内緒です。

原料:さつま芋(黄金千貫)、米麹
麹;白麹仕込み
アルコール度数:25度


尾込商店さんと言えば、
前回『池の鶴』を父にプレゼントした と紹介しましたが、
父に飲んでもらいました。

この焼酎は尾込商店さんが特にこだわって造ったものだけに
美味しいと言うのは、予想していましたが、
やはり気になるのはアルコール度数。
通常、常飲するのが25度なので28度というところが
父の舌にどう感じるか?
というのが大変興味深いところだったので、
先入観を持たせないために、アルコール度数を一切教えず、飲んでもらいました。
それで、私の「どう?」と言う質問に「美味しい」と言ってました。
私の「辛くない?」と言う質問にも「いや、ぜんぜん。飲み易い。」
と答えていたのでアルコール度の高さは全く気にならないようです。
さすが、尾込商店さん!
後で父にアルコール28度だよ。
と告げたら、びっくりしてました。

しかし、やっぱり28度ですねぇ〜
25度の物と同じ勢いで飲んだら、酔いが強いようです。
ましては、飲みやすいのでついつい多く飲み過ぎてしまうようで、
この焼酎を飲んでいる間、かなり酔っ払った父を見る事ができました。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

category

links

profile

archives

recent comment

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM